古川商工会議所青年部

会員専用

タイトル

Home > 青年部概要 > 地域貢献委員会 委員長所信

地域貢献委員会 委員長所信

令和3年度 地域貢献委員会
委員長
鈴木 大輔
Daisuke Suzuki

一歩一歩着実に前へ

 昨年より続いている新型コロナウィルスの影響により経済活動へも多大な影響が出ている中、希望の光とも言えるワクチン接種が始まりました。しかしながら現在も予断を許さない状況が続いております。そんな中でも歩みを止めず少しずつでも前へ進み続ける事が求められる年であると思います。前に進むためには一人ではなく多くの人の力が必要であると感じます。まさにYEGの出番です。この様な状況の中で委員長という大役を頂戴したからには全力で務めさせて頂き多くの学びを委員会メンバーと分かち合えるよう務める所存で御座います。

 当委員会では対外事業関連が多く他の委員会との連携が必要となっております。対外事業では大崎以外の地域に行くことによりその地域ごとの魅力の発信の仕方を学び、逆に大崎の魅力を伝えられる場面でもあります。また違う地域の青年経済人との交流の場でもある為色々な考えや思いを聞け自企業の発展にも繋がるコミュニケーションの場となります。対外事業だからと一部の人だけが参加するのではなくメンバーの皆様に参加して頂き視野を広げる機会としていただきたいと思います。

 また地域貢献委員会という名を頂戴していることからも分かるように主軸として継続可能な、もしくは形に残すような地域貢献の事業を考える委員会でもあります。コロナ禍の中できることは限られてきますがその中でも地域貢献という大きな枠組みの中なら色々な事が出来ると考えます。これからもずっと地域にあり続ける必要なものを地域住民やこれからの世代の声を聴き、集め、精査し、生み出していくには時間がかかります。今年度で終わるものではなく今後も続けていけるようしっかりとしたベースを今年度作り上げていきたいと思います。

 大友会長の掲げたスローガン「Catch the wind」。言葉の通り風を掴めばコロナ禍という逆風の中でも必ず少しずつでも前へ進めます。今年度一歩一歩進んだ先に見える景色はきっと素晴らしいものになると信じています。足りない部分が多々ある私ですがその景色をYEGメンバーの皆様と見られるよう努力して参りますので一年間宜しくお願い致します。